未分類

白山 山スキー

投稿日:2009年4月4日 更新日:

4月2,3日と白山に山スキーで行ってきました。
メンバー:穂積(Ⅱ)、田中(Ⅰ)
またまたいつものパーティー、いつもの山スキー…京大山岳部ではなく山スキー部と化しつつある。
4月2日 晴れ
10時頃京都をタナcarで出発する。
下道を7時間運転して、冬季閉鎖の林道の入口にたどりつく。
ここからはチャリに乗り換え、高度差600m並行距離14kmの林道を登る。
僕は折りたたみ自転車、穂積氏はマウンテンバイクで登った。
折りたたみはしんどいよ。とはいっても半分以上押して歩いてましたが・・・
IMGP1489_convert_20090404212517.jpg
途中から雪がではじめる。
ダムまでの最後の2,3kmは林道に雪がついていたいのでバイクをデポし、
スキーで歩いて行く。
3時間林道を登ってダムにつく。
あたりは真っ暗で星がきれいだった。
落石の心配のない林道上にテントを張って寝る。
4月3日 晴れ
5時出発! 朝飯を食いすぎて気持ち悪かった。
今年は雪がすくなく最初はスキーを担いで急斜面のいやらしい藪を漕ぐ。
標高差50mほどの藪漕ぎを終えるとスキーをはき、順調に高度を上げていく。
IMGP1494_convert_20090404212708.jpg
コルまではのどかな登り
8時半ごろに剣が峰~御前峰間のコルへの急登の手前でスキーを担ぎ、アイゼンを付けて登る。
コルまでの高度差300mほど、アイゼンで膝ラッセルを強いられる。コルの吹きだまりになっていた。
IMGP1496_convert_20090404212858.jpg
スキーを担ぎアイゼン、ピッケルでコルまで歩く。
コルから上部はクラスとしておりアイゼンが気持よくきまる。
今日は風が強く、コルより上部では耐風姿勢で進む。
コルに荷物をデポし、空荷で御前峰にアタックする。
IMGP1504_convert_20090404213439.jpg
10時50分にピークに到着。
ピークは風が強い。
11時20分くらいから滑走を開始する。
下る頃にはさらさらだった雪が腐り始めていた。
最初の急傾斜は、僕はコケないよう斜滑降キックターンもしくは大きくシュテムターンで下る。
穂積氏は途中からカービング気味に素早く下っていく。
それにしても春の雪は重いくて膝にきてしんどい。
ずらすターンでは、急に板をずらすとエッジが雪面にスタックしてこけそうになる。
というか実際に何度かこけた。
ゆっくりずらすか、カービング系のターンでないと曲がれない。いい勉強になった。
13時ごろにダム付近のなるい平地に戻ってくる。
早朝登った急傾斜の藪を下る気がしなかったので、小白水谷を徒渉してダムに戻ってきた。
IMGP1516_convert_20090404213053.jpg
靴を履いたまま徒渉
14時にテン場、
15時頃に自転車デポ地点に戻ってきた。
ここからはチャリで快調に下っていく。一時間もせずに駐車ポイントにもどてきた。
IMGP1527_convert_20090404213303.jpg
一気に下り降りる。
フキノトウを取りながら下山。
            記録:桃天

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ギャゾリ

登れはしませんでしたが、 無事帰って来ました。 詳細はまたあとで。

no image

白馬乗鞍山スキー

雪崩講習会の後に、栂池高原スキー場から入山して 2月9日に白馬乗鞍をアタックし、10日にヒヨドリ北面を滑った。 メンバー:穂積(Ⅱ)、田中(Ⅰ) 2月9日 栂池高原スキー場(8:00)~早大ヒュッテ前 …

no image

赤木沢~槍穂高縦走

7月25~28日で北アで沢登り→縦走してきた。 めんば~:寺本Ⅲ田中Ⅱ黒沢Ⅰ森本Ⅰ 25日 有峰湖→赤木沢     有峰湖から入山。登山道がありえないぐらいに整備されている。     予定では赤木沢出 …

北鎌尾根その1 12/20~12/25

メンバー 根岸(OB) 穂積(Ⅳ) 12月20日 雪後晴れ  900葛温泉~1500湯俣 雪がぱらつく中、湯俣まで歩く。計画は実働7、予備6の計13日。十分登れるであろうと気合十分のなか歩いていく。 …

2008年度金毘羅合宿

日曜日に金毘羅合宿に行ってきました。 1回生の参加者は、藤竿、田中の2名。   金曜から降り続く雨で土日とも中止が危ぶまれましたが、日曜には雨も上がって無事行うことが出来ました。 &nbsp …