練習

雪彦山クライミング

投稿日:2009年6月7日 更新日:

6月6,7日と兵庫県の雪彦山にマルチピッチのクライミングの練習に行った。
めんばー:正木(Ⅴ?)、田中(Ⅱ)
1日目 
地蔵岳東稜を探すも、見つからず3時間ヒルと格闘しながら沢登を堪能する。
11時に取りつき、6Pで14時にピークにつく。
IMGP1690_convert_20090607230648.jpg
取りつきから東稜を眺める
足footをヒルにやられていたため、クライミングシューズは血だらけとなる。
登っている3時間の間、シューズによる直接圧迫止血法もむなしく、
ピークで靴を脱いでも、血はとめどなく流れる。
2P目と、4級の3P目は、正木さんにリードしてもらい、残りは田中がリードする。
田中はカム・ナッツ類で支点を作るのは、まだまだ遅いし未熟だ。
地蔵正面壁の紅菱会ルートに行こうと思っていたが、
取りつきのルーファイに無駄に時間を食ってしまったので、
時間切れで登れず。
2日目
不行岳東北稜ルートに行こうとする。リードはすべて正木さん。
2P目、トポでは4級らしいが明らかに5.9はあろう。
3P目途中で、正木さんが敗退を決定する。
支点もなく、岩がかなり悪いらしい。
あとで、聞いた話によるとわれわれが敗退してきたのは東北稜ルートなんかではなく、
FRCルート(?)らしい。
エイドでかつて登られていたルートだろうか?
FRCルートだと教えてくれたおじさんも、かつて同じ3P目でボルトを打って敗退してきたらしい。
予備対象である三峰左リッジルートを登る。
1P目は正木さんのリードであとは田中がリードする。
壁での連続の懸垂セットをきちんと習得したい。
全体的に中間支点をナチュラルプロテクションで作るのが下手くそ。
要修行である。
クライミング登るだけが技術ではないのだな~
文責:桃天

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

奥の深谷

奥の深谷へ沢歩きの練習に行ってきました。 メンバー 穂積(Ⅱ) 根岸(OB) 竹原(探検OB) 今シーズン初めての沢です。 水量は大目。 念のためロープを出す。 カエル 泳ぐには寒い。 イワウチワ 新 …

金毘羅

 10月19日に金毘羅で練習しました。 メンバー:佐々木(Ⅲ)、田中(Ⅰ)、藤竿(Ⅰ) 今回から一回生のリードの練習を開始しました。 休日で晴れていたため、他にもたくさんのクライマーを見かけました。 …

道場岩

本日、道場岩に練習に行ってきました。 暑くて大変でしたが、合宿に向け実力を試すことが出来ました。

no image

金毘羅山アイゼントレ

またまた行ってきました。 メンバーは、 穂積(II)、寺本(II) 今日は午前中だけの予定だったので Y懸を登って、0を登って、猿回しで少し練習した後Y懸クライムで降りてきました。 平日の午前中なので …

no image

はもずしアイスエリア

2月1日 岐阜県濁河温泉付近にあるアイスエリアに行ってきました。 メンバー:木村OB、北野OB、岡部(Ⅰ)、田中(Ⅰ) 前夜に木村OBの車で移動、目的地付近の道の駅でテントを張って寝る。 2月1日7時 …