沢登り

大白沢シロウ沢ワカゴイ沢~恋ノ岐川下降

投稿日:2009年9月26日 更新日:

シルバーウィーク中に、奥只見に沢登に行ってたのだ。
メンバー:国石OB 田中Ⅱ
三国山脈の平ヶ岳に直接突き上げる大白沢シロウ沢ワカゴイ沢を登り、
反対側の恋ノ岐川を下降する計画で、初北国の沢に行ってきた。
9月18日
満身創痍の愛車のブレーキパッド、エンジンオイルを交換して、
遥か彼方の北陸を目指す。
9月19日 曇りときどき晴れ
7時間のKでのドライブの末、やっとこさ小出ICに到着する。
小出ICから砂子平までの352号線は一車線でかなり蛇行している。
サステンションの入っていない車ではきつい。
ガチャガチャとギヤチェンジをしまくる。
9時に砂子平をスタート
この日、クロウ沢の分岐から少し進んだところで幕営。
watashikago.jpg
只見川に掛架かる渡籠
9月20日 曇りのち晴れ
この日で一気にワカゴイ沢の核心部を抜けてしまう。
いろいろと楽しませてくれる沢。
maki.jpg
右から大きく巻く
hetsuri.jpg
80mゴルジュの残置支点をつかっての突破
core.jpg
ワカゴイ沢核心部CS
9月21日 晴れ
1時間半ほどで平ヶ岳ピークに到着。100名山なだけあって、登山客でにぎわっている。
なにやら地元のガイドらしいおじさんの説明を、団体さんにまじって横で聞く。
尾根上でだらだらとすごしたあと、恋ノ岐川下降開始。
この日、イワナを4匹捕まえる。
にしても人が恋ノ岐川を遡行してくる人の数といったらなんて多いのだろうか。
view.jpg
平ヶ岳より眺める。エアリアマップもってこればよかった。何の山だかわからない。
fish.jpg
国石氏が2匹は手づかみ、残りの2匹は釣った。
9月22日 曇り
ただただ下る、だらだらと・・・。
きれいなのだが、恋ノ岐はながくて結構飽きる。
途中でローアルパインのTシャツを手に入れた。
やった~ミズノのTシャツとおさらばじゃと喜んだが束の間・・・
10分もすると先行するアラインのおっさんに追いつく。
おっさんのザックの雨蓋に挟んである上着が
今にも落ちそうである。
というか、今さっき手に入れたシャツはこの人のではと頭をよぎる。
黙ってシャツを手に入れるなどという良心の呵責に耐えられず、
おじさんにシャツを返すわけである。
正直者は損ばかりするのだ。
5時間で恋ノ岐橋に到着する。
そこで、ヒッチをして車を駐車している砂子平まで乗せてもらうことにする。
ヒッチは2台目で成功する。
親切なおじさんありがとうございます。
ちなみに徒歩だと恋ノ岐橋~砂子平間jは4時間ほど。
この日、親戚の経営するホテルにお邪魔することにする。
9月23日
朝から夕まで運転。10時間以上の死闘ののち京都にたどりついた。
By Momo

-沢登り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2014.06.14 鈴鹿白滝谷

鈴鹿白滝谷 日程: 2014.06.14(土) 山域:鈴鹿  天気:曇り メンバー:外園(Ⅳ)、笹瀬(Ⅱ)、高浜(Ⅰ)、酒井(Ⅰ)、六車(Ⅰ) 京都から車で2時間ぐらいかけて、三重県の鈴鹿白滝谷に行っ …

no image

芦屋ロックガーデン地獄谷〜ジャガのゆとり山行〜

8月30日、家族と二人で芦屋ロックガーデンをトレッキング。なんと阪急芦屋川から阪急岡本まで所要時間3時間というお気楽山行でした

no image

鈴鹿赤坂谷 沢登り2

赤坂谷の時に撮った動画をUPしてみました。 画像が荒いのはデジカメ撮影なのでご容赦の程を・・・。

201608東北八幡平葛根田川遡行

山行日 2016年8月18日から8月21日 参加者 CL六車Ⅲ、SL谷川Ⅲ、秋本Ⅱ、青木Ⅱ、装備 宮本Ⅰ、食糧 小林Ⅰ、気象 井ノ上Ⅰ 計7名 山域・山名 東北八幡平 目的 スケールの大きな沢で沢登り …

神童子谷〜泊まり沢山行〜

2014年6月28日、神童子谷、犬取谷を遡行。6月29日クロモジ尾根を使って下山。 メンバーはコリオリさん(OB)、外園さん、笹瀬さん、早川、谷川である。 6月27日、コロコロ変わる天気予報にコリオリ …