未分類

憲三尾根縦走

投稿日:2011年1月13日 更新日:

2010年12月23日~27日の日程で憲三尾根を縦走して錫杖岳を目指しました。
メンバーはロボ(Ⅱ)とタベヲ(Ⅲ)でした。
23日
高山駅からのバスに乗って栃尾温泉へ向かいました。
栃尾は雪が全くなく、木がモリモリしていていやな予感がしました。しかし、予定通りに入山。雪は降れども、雪のない斜面を登ることになりました。ようやく1200m付近で雪が出てくるも、積雪が薄いのでウォータースライダー状態で滑りまくりでした。
1700mぐらいからヤブと雪のミックス!雪をかぶりながらヤブを掻き分けて進む。小岩峰とヤブの間を苦労しながら進む。これこそ日本が誇るヤブ。まさにアルパインならぬジャパイン。
正直苦しかったです。
PC230020_convert_20110113164020.jpg
苦しいジャパイン
24日
この日は主稜線まで抜けてテントを張りました。標高をあげるにつれて木の高さが低くなって、雪に埋もれて歩きやすくなると思ったのが大間違い。木の枝の上に雪が乗っているだけで、まさに落とし穴。何度もはまってうんざりしながら進むことになりました。しかも、落とし穴にはまると木登りしたり、時間をかけて雪で足元を固めないと脱出できずに体力を異常に消耗していました。
PC240035_convert_20110113164204.jpg
たまに現れる岩峰
たまに現れる岩峰は横を巻くことができるので問題はありませんでした。
25日
この日は風が少しだけ強かったのですが、雪はあまり降っておらず問題なし。何峰のコルまで行きました。この日もうんざりするような落とし穴地獄の中の行進。矮生化した木が行く手を頑強に阻止して、木登りになることもしばしばでした。わずかな距離なのに1日を費やしてしまいました。
26日
朝に若干雪が降る中スタート。といってもこの日は曇りでした。入山してからまともに雪が降った日はない。冬型なのに天気がいい。しかも、2時になると毎日晴れるのがお決まり。錫杖周辺って不思議です。
とにかくスタートヤブが少なくなるかと思いきや、木の生育旺盛でこの日も木登りに、落とし穴、トンネルくぐりなどとヤブに苦しめられました。岩峰を巻くのに2ピッチロープを張った時以外はヤブ漕ぎでした。何か下調べと違うような気が…。
いい加減にうっとしいヤブに苦しめれらた挙句にどこを上ればよいのやらわからなくなり、ついに心が折れました。年末は天気が悪いし、この先もずっとヤブだし、二人だと全然進まないから、日程も大変だし、などなど。いろいろ理由を考えながら引き返して、帰ることにしました。
そしてこの日は何峰のコルに泊まりました。
PC260055_convert_20110113164420.jpg
この写真だけだとヤブ漕ぎしかしてないようには見えませんが、…。
PC260057_convert_20110113165158.jpg
恒例の2時の好転で見えた先のピーク。あのピーク手前のコルで心が折れました。
27日
もうヤブは極力こぎたくない。この思いから大木場の辻まで戻って、そこから槍見に小尾根を使って下山しました。降雪が少ないためか積雪も多くはなく、安定していたので、問題なくガンガン降りて6時半に道路に降り立ちました。
この山もヤブがひどかったです。錫杖は縦走するところではありません。下山したときに、今度来る時は必ずアイスクライミングをしようと胸に誓いました。
そういえば、屋久島でヤブをこいだのはこの二人ではなかったかな?今年を漢字一文字で表すなら、当然「ヤブ」。これしかない!
あれ?でも、漢字がかけない。まあ、ヤブとおさらばすれば関係ない。
                                                   文:TBO

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

八ヶ岳東面 ~藪山ラッセル~

3月10,11日 赤岳天狗尾根にいってきた。 メンバー:田中2藤竿2 2回生だけでどこか行こうと思って、簡単な岩稜ルート天狗尾根に行った。 9日の深夜に愛車で出発するが、南岸低気圧の降雪で岡谷から高速 …

no image

はもずし アイスエリア②

2月21日土曜日にまたハモズシにアイスクライミングに行ってきました。 メンバーは岡部、田中(Ⅰ)、木村OB 前夜に木村氏の車で移動し、朝の9時頃からトップロープをかけて練習する。 降雪直後だっため、道 …

ナムチェバザールの日々

なぜか一人ナムチェにいるネギです。 ナムチェバザールは交通の要所で、人もたくさんいます。 今日は週に一回のバザールを見に行きました。 みかんが売っていたので思わず買ってしまいました。 写真はありません …

GW 黒部スキー 5日目

5月4日 快晴 今日は双六谷を滑って、谷を詰めて大ノマ乗越へと上がり、秩父小沢を滑って新穂高温泉へと下りる。双六谷は朝早く出発しすぎたせいで、氷化していて少し怖い。最後の滑りは、この山行を締めくくるの …

北鎌尾根その2 12/26~12/28

26日 風雪(やや弱まる) 800 P5・P6のコル~1000北鎌のコル~1430 P8・P9のコル 多少寒いが、明らかに昨日よりは暖かい。しかし、天候回復について半信半疑のため、しっかり明るくなって …