未分類

大鳥居&湖南アルプスの岩場

投稿日:2014年7月5日 更新日:

大鳥居&湖南アルプス天神川の岩場 by石田
日程:2014年7月5日
地域:滋賀
天気:曇り
メンバー:森本(OB)、石田(Ⅱ)
土曜日は雪彦山でフリー・マルチピッチクライミングの予定でしたが、雨の予報のため大津の岩場に変更。今回は大鳥居と湖南アルプスの岩場に初めて行ってきました。
大鳥居の岩場は新名神高速の橋の下から取りつきます。花崗岩でスラブが多く、フェイス・クラックもあります。1枚岩にルートが多数存在します。5.10代が多く、初級者には最適。岩の上部からの眺めはよかった。個人的にはオンサイトグレードを5.10aから5.10bに上げることができて嬉しかった。
IMG_0320.jpg
岩場上部からの新名神の眺め
成果
ロボ:四度目の青春5.10ab Tr      石田:四度目の青春5.10ab OS × 
   コブラツイスト5.10b OS×          コブラツイスト5.10b Tr
   ヒコーキ雲5.10b FL×            ヒコーキ雲5.10b OS
「四度目の青春」は3ピン目が核心。フレークに足を乗せてハイステップorフレークをプッシュしてガバを取りに行くか?ルート自体は周囲の人が絶賛するほど面白くはなかった。「コブラツイスト」は出だしがちょっとトリッキーだが、面白いムーブができてよいルートでした。人によっていろんなムーブがありそうだ。尺取虫ムーブを習得した。「ヒコーキ雲」はオンサイトできてよかった。5ピン目直下のトラバースがバランシーで、6ピン目直下をレイバックで取りに行くところが核心か。次回は信楽街道5.10c、ブラインドタッチ5.11c、匠の技5.12a、京都の巨匠5.10bに挑戦したい。
午後からクラックの練習のため湖南アルプスの岩場に転戦。時間がなかったため駐車場から近いサラマン子岩のクラックルートでトップロープを張って練習。前傾クラックのサラマン子5.9の左にある不明ルートだが、クラック素人かつ薄かぶりでかなり難しく感じた。ジャミングがまだ全然できてないし。毎日、冷蔵庫の隙間に手を突っ込む練習をしよう。
IMG_0317.jpg
「四度目の青春」をトライする

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

前鬼

前鬼川の孔雀股右股に行ってきました。 メンバーはドカチン(Ⅳ)、ヘル(Ⅱ)、タベヲ(Ⅱ)、マタヲ(Ⅰ)でした。 行程 10/9    夜20:30に京都を出発。旧登山道入り口まで車で入ることができた。 …

ヌタハラ谷

7月25日に台高のヌタハラ谷に行ってきました。 6:45出発~7:00入谷~8:05夫婦滝~9:55不動滝~11:35遡行終了~14:10山行終了 前夜雨のために窓を閉め切った車で一夜を過ごし、不快な …

北鎌尾根その1 12/20~12/25

メンバー 根岸(OB) 穂積(Ⅳ) 12月20日 雪後晴れ  900葛温泉~1500湯俣 雪がぱらつく中、湯俣まで歩く。計画は実働7、予備6の計13日。十分登れるであろうと気合十分のなか歩いていく。 …

no image

ネパールの写真

1回生が8~9月にネパールに行ったときの写真をアップロードしてくれたので よければご覧下さい。 http://picasaweb.google.co.jp/kualpine/nTwan http:// …

帰国、その他

ネパールはカトマンズより 現在、田中モモテン、藤竿JALブルゾッキョ、荻原キュンが帰国しました。 根岸は後片付けをしたのち、帰国する予定です。(10月末) ルクラからの飛行機も事故なく飛び、一応安全な …