クライミング

8/29金毘羅

投稿日:2014年8月29日 更新日:

日程:2014.08.29
山域:京都北山
天候:曇り
メンバー:石田、酒井
約2か月ぶりに金毘羅へ行ってきました。久しぶりの金毘羅で、リハビリを兼ねてアルパイン練習&余った時間でフリークライミングを楽しみました。8月にしてはずいぶん涼しく、朝の気温は18度。日中も涼しく、とても快適でした。平日でしたが、ホワイトチムニーに何人か人がいました。大原の眺めもよいし、金毘羅はほっこりできるよいゲレンデだなあと実感しました。
内容
北尾根で2ピッチ、カム&ナッツを使ってリード&フォローで登る。MKでダブルロープを結んでMフェース下まで懸垂するも、岩にロープが引っかかって下から回収できず。引き抜き確認はしていたが、傾斜が緩い&岩がボコボコしているため引っかかってしまったのだろう。シングルロープで2ピッチ登って、原因の特定とロープ回収。その後、Kスラブにシングルロープをフィックスしてユマーリング練習。アッセンダーとマッシャーで行った。次はハングした場所でやろう。最後に、洛陽フェースに行って洛陽フェース5.11aを登った。第2便で無事RPできました。
写真 2(3)
ロープがスタックしたところ
感想
北尾根は一応NPが使えるものの、使える場所はかなり少ないと感じた。もっともっとNPをセットして回収する技術を身に着けなければ。クラックに対して大きいカムを選んで回収が難しかったりと、まだまだカムの選択が甘い。ピラミッドやホワイトチムニー右のクラックで練習するとよいかも。ユマーリングは次回、アセンションとマイクロトラクションのコラボで試してみようと思う。
写真 1(1)
金毘羅の高難度が揃う洛陽フェース
洛陽フェースは2ピン目から3ピン目が難しい。ランナウトした状態で恐怖心をはねのけ立ちこむところが核心か。3ピン目から終了点の間隔が長くて怖いので、松の木に240スリングでタイオフしてヌンチャクを垂らした。これについてはクライマーの思想が問われるかもしれない。ピン間隔が遠いということは、その区間は易しいからピンを打つ必要がないということだ。本来であればピンが遠くても登れるだけの実力をつけてから取りつくべきだろう。でも僕はそこでフォールすると岩に激突してかなり痛いし、ビレイヤーが初心者であることを考慮したつもりだ。次はフレンチクルーラー、シークレット、ロイヤルチャッソーなどを登りたい。
石田

-クライミング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

201805金毘羅山フリークライミング

こんにちは。小野尾ソフィーです。今日は青木さんと二人で金毘羅山へフリークライミングをしに行きました。主に5.10台前後のスポートルートをトライしました。 普段は金毘羅やフリーの岩場へ行ったくらいではブ …

no image

雨降りのクライミング

日程:2014.08.16~17 県名:滋賀 天気:曇りのち雨 メンバー:石田、森本ロボ 縦走合宿が雨のため早く終わったので、土日は御在所に行く予定でした。が、この時期にしては珍しく停滞前線のため2日 …

20180811比良αルンゼ(水のない沢)

今日は比良αルンゼへ行きました。水の無い沢、沢から水を無くしたようなちょっと変わったところです。しかもあまり行ったことのない表比良、どんなものでしょうか?   初っ端の林道、見事に崩壊してい …

201608龍王岳東尾根縦走

8月5日から7日、上回生で立山、剱山域のバリエーションに挑戦した。メンバーは三回生の谷川、六車、酒井、二回生の青木、秋本、川口、そしてOBの藤竿である。天候に恵まれ、全日晴れた。 8月5日 稜線上はガ …

笠置ボルダリング

2014/08/27 笠置でボルダリングしてきました。残念ながらパートナーは見つからず、1人で岩と対話していました(笑)それにしても久々に晴れたのでよかった。暑いからかボルダラーは僕1人だけ。釣り人が …