山スキー 練習

雪崩講習会@栂池

投稿日:

今回の報告は山岳部2回生のジャガがお送りします。

2月14日、それは出発の日。余裕をもって家を出たはずが、撤去された自転車を回収しに寄り道をしたら30分ほど集合に遅れてしまった。

急いでビーコン、スコップ、プローブ、スキー板等々かきあつめ、車に乗り込む。19時出発である。前日降り続いた雨は寒冷前線とともに、すでに東に去ってしまっていた。

場面は車の中に移る。

なんと、一回生二人がMHXを持ち込んでいるではないか!きっと、二人は「山岳ユーザーのための雪崩リスク軽減の手引き」を読み終えたのだろう。私はChapter3までしか読んでいなかったから、正直うらやましかった。私が隣で雪崩関連の資料を読んでいる間に、隣でクック先生やゲリョス、フクロウみたいな奴を、二人そろってハンマーでハントしようとしているのである!

目的地のふるさと交流館に着いた。その時は、雨は降っていなかった。が、積雪は全くなかった。雨に解かされてしまったのだろう。

朝を迎える。外は吹雪で非常に寒かった。昨日の夜は雪の気配さえなかったのに、今となっては当たり一面、真っ白である。本当に寒かった。

さっそく、OBとともに「山岳ユーザーのための雪崩リスク軽減の手引き」を読み進める。が、睡魔と戦う羽目に。せっかくOBが貴重な時間を割いてくださっているのに。申し訳ない気持ちになりながらも勝つことはできなかった。

お昼ご飯。ふるさと交流館にいらっしゃる予定だった方々が悪天による交通のマヒで来られないことに。その結果、その方々が召し上がるはず郷土料理を代わっていただけることに。おいしかった。ごちそうさまです。

この調子で書くのはしんどいので後は割愛。ビーコン訓練をしたり。一週間前の天気予報から積雪構造を推測したり、現地で積雪調査をしたり。「山岳ユーザーのための雪崩リスク軽減の手引き」を一通り読んで、それを実践するという内容でしたが非常にためになりました。今度はBruce Tremperの”Avalanche Essensials”(2013)と「山岳気象大全」を読んで勉強しようと思っています。パッ見ですがBruce Tremperの本によるとビーコン捜索の際、プローブを雪面に垂直に刺すそう。OBにもそう言われてましたが、最新だとこれがメジャーなんでしょうね。

P.S.写真はまたの機会に追加します。では。

-山スキー, 練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GW白馬スキー

  こんにちは、ヤマザキです。 前期のうちのブログに書けていない山行をこれから書いていこうと思います。 はじめはGWに行った、白馬北部の 朝日岳・五輪山です。この山行僕の大きな山の初リーダー …

20180811比良αルンゼ(水のない沢)

今日は比良αルンゼへ行きました。水の無い沢、沢から水を無くしたようなちょっと変わったところです。しかもあまり行ったことのない表比良、どんなものでしょうか?   初っ端の林道、見事に崩壊してい …

荒島岳スキーワンデイ

こんにちは。山岳部1回の小林森林です。 大変遅くなりましたが、2月4日に行ってきた荒島の報告をします。 日程:2月4日 メンバー:ロボ(OB)、おちょ(Ⅲ)、プー(Ⅲ)、じゃが(Ⅲ)、ヤマザキ(Ⅱ)、 …

no image

妙高スキー3/22-3/26

こんにちは。一回生の酒井です。 3/22-3/26にかけて妙高にいってきました。 前回のスキー合宿では一端に触れるのみにとどまった、山スキー。週末にゲレンデ練習を重ねた一回生は、意気揚々と京都を旅立ち …

no image

金毘羅

12月13日土曜日 金毘羅で久々にクライミングをした。 メンバー:佐々木(Ⅲ)、岡部(Ⅰ)、田中(Ⅰ) 午前中は北尾根を登り、ピラミッドでトップロープをする。 トップロープと懸垂下降の支点セット法のレ …