沢登り 練習

201706 台高黒倉又谷沢登り

投稿日:2017年6月19日 更新日:

こんにちは、新入部員の井上(量)です。6月18日に奈良県の台高で沢登りをしてきました。

メンバーは4回生の六車、酒井と1回生の小野尾、井上の計4名です。

梅雨に入ったというのに1週間雨が降ることはなく、18日も天気は曇りでした。下山後に少しだけ雨がぱらつきました。

筏場駐車場6:45頃発〜7:15黒倉又谷出合から入渓〜13:00植林小屋 遡行終了 13:30下山開始〜15:30駐車場 行動記録はこんな感じです。

前日22時に出発し現地で睡眠をとったのでしっかりした睡眠は取れなかったのですが、沢登りへの期待感から心が弾み、寝不足は全く感じませんでした。梅雨入りしたにも関わらずしばらく雨が降っていないおかげで、沢の水量も平時より少ないくらいでした。沢登りはこれで3回目ですが、まだ増水に悩まされていないのはラッキーかもしれません。

 

入渓後すぐの斜滝3m

いきなり泳ぎました。めちゃくちゃ水が冷たいです!

泳いだ直後は体が思うように動かず登るのに一苦労でした。

 

 

 

 


ロープをたぐりやっと登れました。

 

 

 

 

 

 

3m滝直後の8m滝

ロープを張ってfix通過

この直後に六車先輩が…

 

なんとか無事に登れましたが、3m滝と8m滝を登るのに時間を結構かけてしまいました。もう少し足場をしっかり見て着実に歩いていければ時間も短縮できたかも…

 

 

釜の水も美しい色をしています。落っこちないよう慎重に

 

 

 

 

 


ここは先輩の補助もあり、水の流れは強いですが難なく登れました。でもやっぱり水に触れると冷たい!

 

 

 

 

 

 

遡行終了。

少し休憩して下山します。お疲れさまです!

ところが下山路が非常に悪く、この後に1日の中で最も苦労することになってしまいました…

 


 

2時間かけてやっともといた駐車場へ。今度こそお疲れさまです!

 

←ちなみにこの写真は出発前の写真です。駐車場の様子は下山後と変わりません。

 

 

 

今回は入渓直後と下山が特に大変でした。個人的には、まだまだ沢で安定した歩き方ができず、時々足を滑らせヒヤッとすることがあったのはまず第一に反省すべき点としてあがりました。登攀も先輩方の助けを借りてやっと登れる程度なので、これから練習を積んでいく必要があるなと実感しました。しかし全体的にはとても楽しく夢中で登って行けました。帰りに温泉に寄って疲れも少しは取れたかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

-沢登り, 練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

貫井谷

本日貫井谷に行ってきました。 メンバー 佐々木(Ⅲ)、穂積(Ⅱ)、藤竿(Ⅰ)、根岸(OB) 雨のため、水量が多かったです。 当然、蛭も多く。。。 びしょぬれ ザイルを5ピッチほど出して時間切れになった …

由良川 源流遡行

5月31日、6月1日の二日をかけて由良川源流を遡行してきました。 メンバーは佐々木(Ⅲ)寺本、穂積(Ⅱ)岡部、田中、藤竿(Ⅰ)。 一日目は京大研究林事務所から岩谷出会いまで。 トロッコの線路跡を進む。 …

no image

鈴鹿赤坂谷 沢登り2

赤坂谷の時に撮った動画をUPしてみました。 画像が荒いのはデジカメ撮影なのでご容赦の程を・・・。

no image

金毘羅新歓

5/23に新入生を連れて金毘羅山に行ってきました。 参加メンバーは、 根岸OB、穂積III、寺本III、田中II、岡部II、黒沢I、森本I、荻原I です。 なんと合計8人! 最初はY懸を登って、次にビ …

201802 西穂高独標

2月14、15日に現役全員で西穂高の独標に行ってきました。 初日は高速道路の道を間違えてしまい11時半に西穂高口駅と入山が遅れてしまいました。 初日は快晴 林道はトレースばっちり! ロープウェイの西穂 …