未分類

比良ワカンラッセル

投稿日:2009年1月12日 更新日:

1月11日に武奈ヶ岳目指してラッセルしてきた。
メンバーは
根岸OB、田中(Ⅰ)
西南稜を使うつもりだったが、人が多かったため細川尾根を使うことにする…
しかし、小生が間違えて坊村で降りてしまったため、奥の深と口の深の間の尾根を
登ることとなる。
バスで出町柳から坊村に向かう。
雪のおかげで到着が30分ほど遅れる。
チェ~ンの取り付けで道が渋滞していた。
10時過ぎに坊村出発、12時ごろに奥の深と口の深の間の尾根に取りつく。
二万五千図やエアリアマップには尾根上に登山道がないはずなのだが、
途中で道しるべを発見する。
藪が少なくて気持ちいですな~と思っていたら、どうやらもう使われなくなった登山道ようだ。
登山道を歩いているつもりはなかったのに、道標があったため地図読みを
誤ったと思いこみ20分ほど議論する。
ここで、二時を過ぎたため引き返す。
帰りはヒッチで帰る。
この日は前日降った雪のために、ラッセルのいい訓練になった。
それにしても体力の足りなさを感じた。
                 By Momotenius

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

# 八ヶ岳 赤岳主稜・石尊稜

堂満ルンゼ

2月21日 メンバー 田中(Ⅱ) 藤竿(Ⅱ) 荻原(Ⅰ) 根岸(OB) 堂満ルンゼに雪練に行く。 雪が少なく、ルンゼの中はかなり滝が出ていた。 雪練は、滑落者専用のバックアップをつけて行いました。 橇 …

no image

貫井谷

貫井谷に行ってきました。 僕は以前に2回行ったことがありましたが、大雨と時間切れで完全遡行していませんでした。今回はワンゲルの服部とロボとで一緒に貫井谷左股の完全遡行と練習を目的に行ってきました。 し …

no image

活動再開にあたって

2014年9月5日に、北アルプス薬師岳岩井谷の沢登り山行において、遭難事故が起こり、部員の笹瀬君、早川君の尊い命が失われるという痛ましい結果となりました。事故で亡くなった二人の仲間と、ご家族、そして生 …

GW 黒部スキー 5日目

5月4日 快晴 今日は双六谷を滑って、谷を詰めて大ノマ乗越へと上がり、秩父小沢を滑って新穂高温泉へと下りる。双六谷は朝早く出発しすぎたせいで、氷化していて少し怖い。最後の滑りは、この山行を締めくくるの …