未分類

火打ちワンデイ山スキー

投稿日:2009年4月1日 更新日:

遅くなりましたが、白馬~日本海から継続して京大ヒュッテに癒し系山行に行ってきたのだ。
メンバー:穂積(Ⅱ)、田中、藤竿(Ⅰ)
 
3月23日 曇り 
杉の原スキー場から歩いて、京大ヒュッテに入山。ラッセル皆無で3時間で着く。
途中でリスを何度も見かけた。
雪が少なすぎる。スキー場の第2,3高速リフトは停止状態。あちこちで地面が見えてたよ…
3月24日 快晴→晴れ
三田原に行ってみた。京大ヒュッテから三田原頂稜まで3時間ほどで着いてしまった。
これまたラッセル皆無で、上部のほうではクトーをつけた。
三田原の滑走は実に気持ちがよかった。
ヒュッテに戻って休んでいると、早大ワンゲルが下山してくるのを目撃する。
彼らも火打を目指していたらしいのだが、風が強く、また負傷者がでたので敗退してきたらしい。
IMGP1470_convert_20090404201719.jpg
ピークからは先日縦走したばかりの白馬や雪倉が見えた
IMGP1270+-+繧ウ繝斐・+(2)_convert_20090404215531
激しくスプレーを上げる拙者
IMGP1271+-+繧ウ繝斐・_convert_20090404202304
藤竿の滑走。いままではプラブーツで滑っていたが、今回は兼用靴だぁ。
IMGP1273+-+繧ウ繝斐・_convert_20090404202431
カービングターンに挑戦してみた。まだエッジがあまりたってないなぁ…
3月25日 曇り→雪
12曲り経由で火打を目指す。黒沢岳のトラバースが終わったところで、火打は雲の中に隠れ雪が降り出す。ここで敗退決定。そそくさと引き返す。この日は藪山スキーを堪能した。
3月26日 ド快晴→曇り 積雪5cmほど。
ヒュッテの後片付けをして下山。ヒュッテ~スキー場間をちょうど1時間で下山してきた。
草々、朝除雪車がダムに目がけてヒュッテ前を通ってたな。おかげですこし歩きにくかった。
 記録:もm

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

11月アイゼン合宿??鍬崎山(誤字修正)

11月20日から25日まで立山でアイゼン合宿を行う計画であったが、 あまりの天気の悪さに室堂に上がっても何もできないであろうという結論になる。 そのため、文登研でお世話になっている東先生と他大学の学生 …

no image

GW 黒部山スキー 計画

・計画の経緯 当初、GWは別のルートに大OBらと共に、行くことになっていた。室堂から赤牛を越えて新穂に下りる計画である。が、検討会で実力やパーティ編成や意思疎通などいろいろ困難が発覚し、結局自分たちだ …

no image

# 八ヶ岳 赤岳主稜・石尊稜

憲三尾根縦走

2010年12月23日~27日の日程で憲三尾根を縦走して錫杖岳を目指しました。 メンバーはロボ(Ⅱ)とタベヲ(Ⅲ)でした。 23日 高山駅からのバスに乗って栃尾温泉へ向かいました。 栃尾は雪が全くなく …

no image

北穂高岳東稜

7月17日(木)から週末の三連休にかけて北穂高岳東稜を主目標とする山行。一回生は本番デビューとなる。17日、夜行バスに乗り込み、翌早朝、松本市着。バス下車後、突然現れた老ドライバー。その悪くない話に乗 …