未分類

爺ヶ岳

投稿日:2010年4月4日 更新日:

メンバー
 岡部(Ⅱ) 田中(Ⅱ) 藤竿(Ⅱ) 荻原(Ⅰ) 森本(Ⅰ) 根岸(OB)
3月22日(月)快晴
 800鹿島~1200爺ヶ岳東尾根P3
 連休のトレースがある中で、快適に進む。もっと先まで進めそうではあるが、安全策をとってP3までとする。
IMG_0433_convert_20100405213656.jpg
P3にて
3月23日(火)曇りのち雪
 700~爺東尾根P2引き返し~歩行訓練~1400テントサイト
 朝起きてみると風が強いため、出発を見合わせる。6時ころに再び目を覚ますと、風が弱くなっているため、出発する。P2まで行くと、風はいよいよ強くなっており、尾根は細く切れ落ちていて、さらにⅠ回生はふらついて歩いているので撤退。
 その後、雪洞掘りと歩行訓練をみっちり行って、昨日のテントサイトに帰幕する。
3月24日(水)高曇りのち雪
 530~爺ヶ岳~1230新越尾根2300m
 日本の北にある高気圧の圏内にいるため、風が弱い。しかし、日本の南にある前線が北上してくるため、午後には天候悪化が予想される。そうした状況の中で、緊張感を持って稜線を越える。東尾根P2~P3間では念のためロープを1ピッチだす。新越尾根からは天候が崩れ始め、悪天の中テントを張る。
 夜中には雨が降り出し、テントから水をかき出さなくてはならなかった。
IMG_0471_convert_20100405214608.jpg
フィックス箇所
3月25日(木)雪
 600~800扇沢~900冬期ゲート
 湿雪が降る中スタート。対岸の尾根では雪崩が出ており、雪崩に注意を払いながら下山。もう1日遅ければ、新越尾根上でもロープを出さなければならないこともあったであろう。
=============================================
4月5日 写真追加 By Momo

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大鳥居&湖南アルプスの岩場

大鳥居&湖南アルプス天神川の岩場 by石田 日程:2014年7月5日 地域:滋賀 天気:曇り メンバー:森本(OB)、石田(Ⅱ) 土曜日は雪彦山でフリー・マルチピッチクライミングの予定でしたが、雨の予 …

2018年後期~2019年GWの思い出 谷野

こんにちは、2回生の谷野です。 京都大学山岳部のホームページを見ると、2019年4月10日でブログがとまっています(2020年2月現在)。 その記事も、2018年9月の縦走についてのものです。 「京大 …

荒島岳

1月9日、10日とリーダー・タベオ、ナッツ、ヤスクニで荒島岳に登ってきました。 9日、入山。ヤスが貧血をおこすも、膝ラッセルで進み、初日は700m上がったところでテントを張りました。 10日、稜線を進 …

no image

比良 八幡谷 またまた敗退

4月26日(日) 比良の八幡谷に行ってきた。 メンバー:寺本、穂積(Ⅲ)、田中(Ⅱ) 雨の中、沢に特攻・・・ この週末は寒波が入り、さらに2つ玉低気圧の通過で、天気は大荒れだった。 翌日からの雨で、八 …

白山 山スキー

4月2,3日と白山に山スキーで行ってきました。 メンバー:穂積(Ⅱ)、田中(Ⅰ) またまたいつものパーティー、いつもの山スキー…京大山岳部ではなく山スキー部と化しつつある。 4月2日 晴れ 10時頃京 …