未分類

GW黒部源流スキー

投稿日:2014年5月7日 更新日:

日程:2014年5月3日(土)~5月5日(月)
山域:北アルプス
コース:飛越トンネル~北ノ俣岳~ウマ沢~赤木平~飛越トンネル
天気:3日晴れのち曇り夕方快晴 4日晴れ 5日雨
メンバー:のーきょー(OB)、いるか、えだ(神戸山スキークラブ)、石田(Ⅰ)
今年のGWは黒部源流に定着して、評判のウマ沢・五郎沢・雲ノ平~水晶岳を滑る予定でした。
が、天気に恵まれず、快適に滑ることができたのはウマ沢のみとなってしまいました。4日間の行動予定は3日間に縮小。少ない滑走距離とはいえ集中して攻めの滑りを貫き、北アルプスでの雄大な山スキーを堪能できました。
5月3日 
<天気概況>午前中は晴れ、午後から気圧の谷(天気図には現れない寒冷前線)が通過、夕方から快晴
飛越トンネル手前の林道に駐車。約1.6キロの林道歩き。北ノ俣岳の登りはしんどかった。稜線に出ると嵐のような天気。テントを設営し、お湯を沸かす。しばらくすると晴れてきた。青空がとても綺麗だった。急いで撤収し、ガリガリのウマ沢を滑って黒部源流を目指す。標高1960m付近で設営。水もくめるので快適でした。
ブログ1
晴れてきました
ブログ13
北アルプスの女王様
ブログ14
美しい景色を楽しむ
ブログ3
滑走準備
ブログ4
雲ノ平・水晶岳をバックに
ブログ6
ウマ沢を滑る
5月4日
<天気概況>晴れ、夕方から曇り
黒部五郎の稜線まで上がり、天気図を見ると明日は寒冷前線が通過する模様。計画を変更し、今日は北ノ俣避難小屋まで撤収。ウマ沢を1本滑り、赤木平へ登り返す。北ノ俣岳から滑り、避難小屋へ。テントがたくさんあった。整地して、設営。その後、100mほど登って付近を滑ったりした。
ブログ9
ベースキャンプ
ブログ10
黒部の源流
ブログ11
黒部五郎を目指す
ブログ12
こどもの日ですね
5月5日
<天気概況>朝方みぞれ、のち雨
朝から暴風・雨が強い。撤収し、雨の中を滑る。途中、間違えて神岡新道の尾根を下ってしまい、100mほど登り返す。つい滑りやすい斜面に入ってしまった。飛越トンネルまで無事滑って降りてこれた。神岡で温泉に入り、富山でラーメンと食べ、北陸道を経由して帰りました。
<反省>
荷物が重くて登り・滑降ともに苦労した。山スキーは軽量化が大事。最終日は雨だったが、衣服が濡れてとても寒かった。ウールの下着を着るべきだった。下りでのルートミスがあった。地図をもっとしっかり見るべき。シールを濡らしてしまい、最終日につかなくなってしまった。前日にしっかり乾かすべきだった。また、タオルを持参してスキーのソールを拭いてから貼り付けるべき。
<感想>
テント泊での山スキーは初めてだったのでいい経験になった。北アルプスでの初滑降となった。スケールの大きさに魅了された。攻めの滑降を貫いたことでスキー技術も高まったはず。今シーズンの山スキーはほぼ終わりだが、来シーズンも頑張っていきたい。連れて行ってくださった皆様方、ありがとうございました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

武奈ヶ岳スキー

日程:2月7日   山域:比良 メンバー:石田(1)、笹瀬(1) 藪スキーの練習?も兼ねて武奈ヶ岳へスキーで行ってきました。比良は関西でも数少ない山スキーエリアの1つです。ここで山スキーをしている人は …

no image

戸台 上ニゴリ沢

南ア戸台の上ニゴリ沢にアイスにいきました。 私は今シーズン2回目のアイスで、はじめてリードしました。 めんばー:木村先生、岡部、田中(ともⅡ) 1月22日 夜 木村OBの愛車ランエボで京都出発。 1月 …

no image

比良ワカンラッセル

1月11日に武奈ヶ岳目指してラッセルしてきた。 メンバーは 根岸OB、田中(Ⅰ) 西南稜を使うつもりだったが、人が多かったため細川尾根を使うことにする… しかし、小生が間違えて坊村で降りてしまったため …

no image

ネパール通信

ネパールに先発した藤竿JALくん達は、無事到着したようです。 英語に大分苦戦しているようですね。 以下、引用です。 Now we are in Nepal. English is very diffi …

no image

貫井谷

貫井谷に行ってきました。 僕は以前に2回行ったことがありましたが、大雨と時間切れで完全遡行していませんでした。今回はワンゲルの服部とロボとで一緒に貫井谷左股の完全遡行と練習を目的に行ってきました。 し …