未分類

GW黒部源流スキー

投稿日:2014年5月7日 更新日:

日程:2014年5月3日(土)~5月5日(月)
山域:北アルプス
コース:飛越トンネル~北ノ俣岳~ウマ沢~赤木平~飛越トンネル
天気:3日晴れのち曇り夕方快晴 4日晴れ 5日雨
メンバー:のーきょー(OB)、いるか、えだ(神戸山スキークラブ)、石田(Ⅰ)
今年のGWは黒部源流に定着して、評判のウマ沢・五郎沢・雲ノ平~水晶岳を滑る予定でした。
が、天気に恵まれず、快適に滑ることができたのはウマ沢のみとなってしまいました。4日間の行動予定は3日間に縮小。少ない滑走距離とはいえ集中して攻めの滑りを貫き、北アルプスでの雄大な山スキーを堪能できました。
5月3日 
<天気概況>午前中は晴れ、午後から気圧の谷(天気図には現れない寒冷前線)が通過、夕方から快晴
飛越トンネル手前の林道に駐車。約1.6キロの林道歩き。北ノ俣岳の登りはしんどかった。稜線に出ると嵐のような天気。テントを設営し、お湯を沸かす。しばらくすると晴れてきた。青空がとても綺麗だった。急いで撤収し、ガリガリのウマ沢を滑って黒部源流を目指す。標高1960m付近で設営。水もくめるので快適でした。
ブログ1
晴れてきました
ブログ13
北アルプスの女王様
ブログ14
美しい景色を楽しむ
ブログ3
滑走準備
ブログ4
雲ノ平・水晶岳をバックに
ブログ6
ウマ沢を滑る
5月4日
<天気概況>晴れ、夕方から曇り
黒部五郎の稜線まで上がり、天気図を見ると明日は寒冷前線が通過する模様。計画を変更し、今日は北ノ俣避難小屋まで撤収。ウマ沢を1本滑り、赤木平へ登り返す。北ノ俣岳から滑り、避難小屋へ。テントがたくさんあった。整地して、設営。その後、100mほど登って付近を滑ったりした。
ブログ9
ベースキャンプ
ブログ10
黒部の源流
ブログ11
黒部五郎を目指す
ブログ12
こどもの日ですね
5月5日
<天気概況>朝方みぞれ、のち雨
朝から暴風・雨が強い。撤収し、雨の中を滑る。途中、間違えて神岡新道の尾根を下ってしまい、100mほど登り返す。つい滑りやすい斜面に入ってしまった。飛越トンネルまで無事滑って降りてこれた。神岡で温泉に入り、富山でラーメンと食べ、北陸道を経由して帰りました。
<反省>
荷物が重くて登り・滑降ともに苦労した。山スキーは軽量化が大事。最終日は雨だったが、衣服が濡れてとても寒かった。ウールの下着を着るべきだった。下りでのルートミスがあった。地図をもっとしっかり見るべき。シールを濡らしてしまい、最終日につかなくなってしまった。前日にしっかり乾かすべきだった。また、タオルを持参してスキーのソールを拭いてから貼り付けるべき。
<感想>
テント泊での山スキーは初めてだったのでいい経験になった。北アルプスでの初滑降となった。スケールの大きさに魅了された。攻めの滑降を貫いたことでスキー技術も高まったはず。今シーズンの山スキーはほぼ終わりだが、来シーズンも頑張っていきたい。連れて行ってくださった皆様方、ありがとうございました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

剣合宿前山行

メンバー 田中(2) 藤竿(2) 根岸(OB) 剣合宿前に、先発隊としてチンネに行ってきました。 時間 8/4 夜 京都発 8/5 立山駅―室堂900~真砂沢キャンプ場1430     異常なノリの良 …

no image

GW 黒部山スキー 計画

・計画の経緯 当初、GWは別のルートに大OBらと共に、行くことになっていた。室堂から赤牛を越えて新穂に下りる計画である。が、検討会で実力やパーティ編成や意思疎通などいろいろ困難が発覚し、結局自分たちだ …

金毘羅山

春山に向けて金毘羅山にアイゼントレに行ってきました。 ご覧の通り雪が積もっていました。 地面が凍結していた為、自転車での行きの登りは恐ろしかったです。 Yルンゼから登って、猿回しを4周ほどした後、また …

no image

ネパール通信

藤竿JALからメールが来たので引用します。 We met Suyama. We are in Lucla. Fujisao. 仕事でネパールに居る須山氏と出会い、 現在はLuclaにいるとのことです。

201802 西穂高独標

2月14、15日に現役全員で西穂高の独標に行ってきました。 初日は高速道路の道を間違えてしまい11時半に西穂高口駅と入山が遅れてしまいました。 初日は快晴 林道はトレースばっちり! ロープウェイの西穂 …