未分類

大鳥居&湖南アルプスの岩場

投稿日:2014年7月5日 更新日:

大鳥居&湖南アルプス天神川の岩場 by石田
日程:2014年7月5日
地域:滋賀
天気:曇り
メンバー:森本(OB)、石田(Ⅱ)
土曜日は雪彦山でフリー・マルチピッチクライミングの予定でしたが、雨の予報のため大津の岩場に変更。今回は大鳥居と湖南アルプスの岩場に初めて行ってきました。
大鳥居の岩場は新名神高速の橋の下から取りつきます。花崗岩でスラブが多く、フェイス・クラックもあります。1枚岩にルートが多数存在します。5.10代が多く、初級者には最適。岩の上部からの眺めはよかった。個人的にはオンサイトグレードを5.10aから5.10bに上げることができて嬉しかった。
IMG_0320.jpg
岩場上部からの新名神の眺め
成果
ロボ:四度目の青春5.10ab Tr      石田:四度目の青春5.10ab OS × 
   コブラツイスト5.10b OS×          コブラツイスト5.10b Tr
   ヒコーキ雲5.10b FL×            ヒコーキ雲5.10b OS
「四度目の青春」は3ピン目が核心。フレークに足を乗せてハイステップorフレークをプッシュしてガバを取りに行くか?ルート自体は周囲の人が絶賛するほど面白くはなかった。「コブラツイスト」は出だしがちょっとトリッキーだが、面白いムーブができてよいルートでした。人によっていろんなムーブがありそうだ。尺取虫ムーブを習得した。「ヒコーキ雲」はオンサイトできてよかった。5ピン目直下のトラバースがバランシーで、6ピン目直下をレイバックで取りに行くところが核心か。次回は信楽街道5.10c、ブラインドタッチ5.11c、匠の技5.12a、京都の巨匠5.10bに挑戦したい。
午後からクラックの練習のため湖南アルプスの岩場に転戦。時間がなかったため駐車場から近いサラマン子岩のクラックルートでトップロープを張って練習。前傾クラックのサラマン子5.9の左にある不明ルートだが、クラック素人かつ薄かぶりでかなり難しく感じた。ジャミングがまだ全然できてないし。毎日、冷蔵庫の隙間に手を突っ込む練習をしよう。
IMG_0317.jpg
「四度目の青春」をトライする

-未分類

執筆者:


  1. Milly より:

    That’s not even 10 mieutns well spent!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ニレカ隊

ニレカ隊のネギです。 無事、ニレカ峰に登頂してまいりました。現在ナムチェバザールにおります。 以下、簡単な記録です。あとで写真や感想が改めてアップされる予定です。 10/1 BC(5200m)入り 1 …

no image

ネパール登山の壮行会

9月12日ネパール登山の壮行会を行いました。 今年の9月13日から10月30日までの期間でニレカ峰とギャジョリ峰の登頂を目指します。海外登山は京大山岳部では久しぶりとなります。いよいよ明日先発2人が出 …

no image

解散

本日、根岸が帰国しました。 これで全員帰国しました。 正式に、解散することになりました。 楽しかった日々が終わってしまったなぁ。 追伸 今週末、ヒュッテに行きます。

利尻島

4月27日から5月5日まで、森本先輩と利尻島にいました。 北東稜、ローソク岩第一リッジ、長浜尾根ダイレクトリッジ等の計画があったのですが、GW中北海道に居座り続けた低気圧の影響を受け連日の沈殿を余儀な …

no image

# 八ヶ岳 赤岳主稜・石尊稜