クライミング 未分類 沢登り 練習

20180811比良αルンゼ(水のない沢)

投稿日:

今日は比良αルンゼへ行きました。水の無い沢、沢から水を無くしたようなちょっと変わったところです。しかもあまり行ったことのない表比良、どんなものでしょうか?


 

初っ端の林道、見事に崩壊していた。

入渓(渓なのか?)直前の堰堤。これまで登山中に見かけたものの中では最大級。隠れダムマニアの僕はちょっと興奮した。

堰堤のすぐ上は開けていて気持ち良い。このすぐ左から入ってきているルンゼが今回の対象、αルンゼ。

いよいよ入渓(渓?)。始まって早々切り立っていてわくわくする。若干濡れているところはあるが、水流は全くない。

上の写真でわかるように、今回の足回りはメンバーによってばらばら。内訳は登山靴2名、スニーカー1名、地下足袋+クライミングシューズ1名。さらに岩が濡れてぬめっている場合を想定して沢靴も持参した(結局おもり(、、、)以外の意味はなかった)。水がない沢など初めてで何がベストなのかわからなかったのだ。結局はアプローチシューズみたいなのが一番良さそうに感じた。

 

滝(?)が何度か出てくるが、脆いことを除けばどれも簡単に登っていける。

 

しばらくするとこんな崩壊地に着いた。大木がたくさん倒れているし壁も崩れている。その全景は写真に入りきらないほど。光景の壮絶さと太い木をいとも簡単に折ってしまう自然の力に戦慄を覚えた。山で身の危険以外の恐ろしさを感じるのはいつ以来だろう。

 

登りでは2箇所ロープを出した。このαルンゼは全体的に残置物が多く、ハンガーボルトも要所要所に打たれていた。ただしどれも古い。

今回は練習ということで、上の写真の滝(?)を登ったのち同下降した。途中何回かラペリングを交えたが、先の様子がわかっているので楽だ。


 

というわけで比良αルンゼ、初めての水のない沢はこんな感じでした。普通の沢みたいに水があったら、と思うことがなかったとは言えないのですが、これはこれで快適に登れて楽しめました。

 

2018年8月11日
・メンバー
CL青木ミシンⅣ、SL川口ヤマザキⅣ、井上ハクサイⅡ、小野尾ソフィーⅡ(記)
・天候
晴れ、午前中一時ガス、のち晴れ

-クライミング, 未分類, 沢登り, 練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

楊梅の滝

日程:2014年8月7日(木) 山域:比良 天気:晴れ メンバー:福井、石田 福井・石田パーティで北小松の楊梅の滝へ行ってきました。今回の目的は滝の登攀。僕はあまり沢をやっていなかったので緊張しながら …

北鎌尾根その1 12/20~12/25

メンバー 根岸(OB) 穂積(Ⅳ) 12月20日 雪後晴れ  900葛温泉~1500湯俣 雪がぱらつく中、湯俣まで歩く。計画は実働7、予備6の計13日。十分登れるであろうと気合十分のなか歩いていく。 …

no image

火打山

5-6日の京大ヒュッテの笹ヶ峰会の親睦会に参加させて頂いたついでに 5日に火打山に登ってきました。 富士見平辺りからまだほんの少し残雪がありました。 もう7月というのに今年は残雪が多いです。 今年も無 …

小川山クライミング

  皆さん、こんにちは。1回生のヤマザキです。 10/24,25にサオマンOB 兼コーチの同行のもと長野県小川山でクライミングをしましたので報告致します。 今回の目標は主にクラッククライミン …

旗についてのコメントがあったので、エントリーをひとつ。 「せっかく部員でヒマラヤに登りに行くのだから、 部の旗をもっていこう!」 と思っていたのですが、昔のはボロボロすぎるしということで、 今回、カト …