練習

2014.07.20 六甲全山縦走(西半分)

投稿日:2014年7月29日 更新日:

日程:2014.07.20(日)
山域:六甲
天気:曇りのち雨
メンバー:谷川、平岩、六車
今回は夏の縦走合宿のトレーニングも兼ねて、一回生だけで六甲を縦走してきました! 本当は六甲全山を縦走する予定でしたが、天候、コースタイムの遅れ、メンバー(主に六車)の体調を考えて、西半分縦走して帰りました。 概要は下の通りです。

6時50分JR塩屋集合。この時から六車は腹の調子を下しており出発が15分程遅れる

塩屋から尾根コースを使って六甲全山縦走に入る。


100m程上がったところで朝食のシリアルを食べる。(美味でした)

高倉山山頂


なかなか綺麗な須磨アルプス
菊水山を正午までに通過を目標に、高取山までコースタイム以内に進む。
ここから鵯越までの区間で15分程コースタイムから遅れ、六車の腹の調子も悪化し始め、一度トイレに行く
鵯越から菊水山に向かう途中でもトイレに寄り、 菊水山山頂には12時40分頃到着。六車が完全にバテてコースタイム以内に進むのを断念、少なくとも谷川の中では以後行けるとこまで行こうかという楽しむ山行に。

菊水山山頂にて 天気も怪しくなってくる。
天王吊橋(てんのうつりはし)に向かう途中で六車がトイレに向かう。
六車の負担を軽くすることもあって、平岩と谷川は六車のザックを交代交代持ちながら鍋蓋山の登山口まで降りて六車を待った。

天王吊橋にてトイレに行っていた六車との再会に満面の笑みを浮かべる谷川

天王吊橋にて小一時間ぶりの二人との再会に安心を抱きつつ、走る六車。その時、彼の手にはトイレットペーパーしかなかった。
其の後六車と合流して鍋蓋山山頂に2時半到着。この頃から雷鳴が聞こえ始め、できるだけ早く標高を下げたかったが六車が動けず、2時45分頃出発、市ガ原に3時半頃到着。

市が原にて 猪が二頭いた。 怖かった。
他の山行客はここで一泊する人が多かった。
依然時たま雷鳴が轟くのと、予定より大幅な遅れを考慮し、摩耶山を登るのを諦め撤退。神戸三宮で解散

下山途中、自分と同じ名字の橋を見つけ、はしゃぐ谷川
以上、今回の山行の概要でした。
僕個人の感想は、「きつかったけど楽しかった! と同時に全山縦走できなかったのが悔しかった。」って感じです。 また、体調管理の甘さも実感し、深く反省しております。。。 万全の態勢でリベンジしにもう一度六甲全山縦走したいですね。
六車記

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2015.08 富士山高所順応

日程:8/6-7 山域:富士山 メンバー:pooh(Ⅱ)、おちょ(Ⅱ)、秋本(Ⅰ)、川口(Ⅰ)、青木(Ⅰ)、外園0B、ポリOB、山下(探検部)、原(探検部)   おはようございます。pooh …

no image

雪崩講習会@栂池

今回の報告は山岳部2回生のジャガがお送りします。 2月14日、それは出発の日。余裕をもって家を出たはずが、撤去された自転車を回収しに寄り道をしたら30分ほど集合に遅れてしまった。 急いでビーコン、スコ …

no image

金毘羅山

金毘羅山に行ってきました。 久々のクラブ活動です。 メンバーは 佐々木(III)、寺本(II)、穂積(II)、岡部(I)、藤竿(I) の5人。 休日でしたがほとんど人も居なくクライミングを満喫出来まし …

奥の深谷

奥の深谷へ沢歩きの練習に行ってきました。 メンバー 穂積(Ⅱ) 根岸(OB) 竹原(探検OB) 今シーズン初めての沢です。 水量は大目。 念のためロープを出す。 カエル 泳ぐには寒い。 イワウチワ 新 …

比良堂満ルンゼ

1月22日木曜日に比良の堂満ルンゼにいってきた。 メンバー:根岸OB、岡部(Ⅰ)、田中(Ⅰ) 朝7時くらい比良駅から30分歩いてイン谷口より入山。 イン谷口から歩いて40分くらいで堂満ルンゼに取り付く …