未分類

栗平川の沢登り

投稿日:2010年8月25日 更新日:

7月17~19日に大峰の栗平川の沢を3本登ってきました。山行から1カ月経ってからのブログアップです。怠けていてすみません。
メンバーはJAL、キュン、ロボでした。
前夜に出発しました。幸運なことにカヅネ谷の出合まで車で入ることができました。
7月17日
車から歩いて数分で水無谷出合に到着。しかし、水量の多い川なので、1時間ほど上流に言ってから入谷しました。何のことはない3級の沢で1ピッチザイルを出しただけで、ほとんど簡単に巻ける沢でした。最後はゴーロが続き、飽きてしまったので、標高1020m付近で泊まることにしました。
7月18日
テン場に降りていた尾根を登って稜線に出ました。藪はそこまできつくはなく、40分ほどで稜線にでました。地形図にはないがここには林道が走っていて、ずっとこれをたどってウオノ谷に向かいました。途中から藪こぎをして進みましたが、よく右側をみると地形図にない林道が間近に走っていました。ちょっとショック。
ウオノ谷も水量が多い谷でした。巻きは簡単で、何回か懸垂をしただけでした。後半はウオータースライダーのようなナメがいくつも出てきて、かなり楽しめました。水流が弱い割に淵は深くて楽しかったです。
この日は車の側で寝ることができました。夜中は蛍が飛んでいました。車の中で寝ていたキュンはキツネ火だと思ったそうです。
7月18日
この日は日帰りでカヅネ谷を登りました。一番ビックリしたのは栗平の集落跡の大きさでした。川沿いに連なるは石垣はかなりの長さがありました。その段数も下から見る限りでも6段ほどありました。ここはウオノ谷と水無谷に比べると水量が少なく、手頃な感じでした。ロープは傾斜が緩いナメ滝20mで2P張っただけでした。後半の滝の連続が楽しいです。
下りは小屋跡ある二俣からかなり明瞭に道が続いてるので楽でした。
                                               TBO

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

新歓オリエンテーション

来る4月14日(月)に新歓オリエンテーションを行います。 山岳部の活動紹介として、昨年度の山行報告などを行います。 また、当日は山岳部の部長であり、東南アジア研究所教授である松林先生の話を聞くことが出 …

no image

GW 黒部スキー 総括

連日の晴れで計画も順調にこなし、気持ちよく終わった。 ルートに関しては、既成ルートをただこなしているだけの味気ない感じがやはり少しあった。もっと準備していきたい。 準備段階で、白山や槍に行っていたのは …

no image

ネパール通信

ネパールに先発した藤竿JALくん達は、無事到着したようです。 英語に大分苦戦しているようですね。 以下、引用です。 Now we are in Nepal. English is very diffi …

no image

解散

本日、根岸が帰国しました。 これで全員帰国しました。 正式に、解散することになりました。 楽しかった日々が終わってしまったなぁ。 追伸 今週末、ヒュッテに行きます。

no image

戸台 上ニゴリ沢

南ア戸台の上ニゴリ沢にアイスにいきました。 私は今シーズン2回目のアイスで、はじめてリードしました。 めんばー:木村先生、岡部、田中(ともⅡ) 1月22日 夜 木村OBの愛車ランエボで京都出発。 1月 …