練習

雪彦山クライミング

投稿日:2009年6月7日 更新日:

6月6,7日と兵庫県の雪彦山にマルチピッチのクライミングの練習に行った。
めんばー:正木(Ⅴ?)、田中(Ⅱ)
1日目 
地蔵岳東稜を探すも、見つからず3時間ヒルと格闘しながら沢登を堪能する。
11時に取りつき、6Pで14時にピークにつく。
IMGP1690_convert_20090607230648.jpg
取りつきから東稜を眺める
足footをヒルにやられていたため、クライミングシューズは血だらけとなる。
登っている3時間の間、シューズによる直接圧迫止血法もむなしく、
ピークで靴を脱いでも、血はとめどなく流れる。
2P目と、4級の3P目は、正木さんにリードしてもらい、残りは田中がリードする。
田中はカム・ナッツ類で支点を作るのは、まだまだ遅いし未熟だ。
地蔵正面壁の紅菱会ルートに行こうと思っていたが、
取りつきのルーファイに無駄に時間を食ってしまったので、
時間切れで登れず。
2日目
不行岳東北稜ルートに行こうとする。リードはすべて正木さん。
2P目、トポでは4級らしいが明らかに5.9はあろう。
3P目途中で、正木さんが敗退を決定する。
支点もなく、岩がかなり悪いらしい。
あとで、聞いた話によるとわれわれが敗退してきたのは東北稜ルートなんかではなく、
FRCルート(?)らしい。
エイドでかつて登られていたルートだろうか?
FRCルートだと教えてくれたおじさんも、かつて同じ3P目でボルトを打って敗退してきたらしい。
予備対象である三峰左リッジルートを登る。
1P目は正木さんのリードであとは田中がリードする。
壁での連続の懸垂セットをきちんと習得したい。
全体的に中間支点をナチュラルプロテクションで作るのが下手くそ。
要修行である。
クライミング登るだけが技術ではないのだな~
文責:桃天

-練習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

201706涸沢雪練合宿

二回の川畑です。 週末の雪練合宿について報告します。 日程:2017年6月17-19日 メンバー:青木(Ⅲ)川口(Ⅲ)井ノ上(Ⅱ)川畑(Ⅱ)小林(Ⅱ) 天気:1日目 晴れ 2日目 曇り 3日目 晴れ …

201805金毘羅山フリークライミング

こんにちは。小野尾ソフィーです。今日は青木さんと二人で金毘羅山へフリークライミングをしに行きました。主に5.10台前後のスポートルートをトライしました。 普段は金毘羅やフリーの岩場へ行ったくらいではブ …

20180811比良αルンゼ(水のない沢)

今日は比良αルンゼへ行きました。水の無い沢、沢から水を無くしたようなちょっと変わったところです。しかもあまり行ったことのない表比良、どんなものでしょうか?   初っ端の林道、見事に崩壊してい …

金毘羅

 10月19日に金毘羅で練習しました。 メンバー:佐々木(Ⅲ)、田中(Ⅰ)、藤竿(Ⅰ) 今回から一回生のリードの練習を開始しました。 休日で晴れていたため、他にもたくさんのクライマーを見かけました。 …

no image

金毘羅新歓

5/23に新入生を連れて金毘羅山に行ってきました。 参加メンバーは、 根岸OB、穂積III、寺本III、田中II、岡部II、黒沢I、森本I、荻原I です。 なんと合計8人! 最初はY懸を登って、次にビ …